2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰かが足りない

誰かが足りない誰かが足りない
(2011/10/19)
宮下 奈都

商品詳細を見る


レビュー700本目に選んだのは、宮下奈都の新作、誰かが足りない。

いやぁ、感動した。

6本の短編からなっています。
「ハライ」と言うレストランを予約する事だけが共通点で、連作短編集ではありません。

彼女の作品の特徴でもありますが、少しスロースターターです。
最初は退屈な日常が出てくる。
そんな日々も少しならいいけれども、長くなってくると抜け出せなくなってくる。
日常に囚われてしまう。

その鎖からちょっとしたきっかけで、ハッと解放される。

この描き方は見事だなぁ。
特別な出来事を使って解放される、と言う話は良く有ります。
でも特別な何かを使わず、その解放感を読者に体験させる、と言うのは凄いと思います。
特別な何かを使わないからこそ、これだけ共感できるのだろうなぁ。

僕は彼女の人生観がとても好きです。
「だけど、絶望じゃない。ただの失敗なのだ。」
これは名言です。

日々失敗ばかりの僕ですが、絶望するほどでは無い。
なんだか救われた気分です。

星五つ。
700本目に選んで良かった。

2011年10月23日

「だけど、絶望じゃない。ただの失敗なのだ。」
本当にこれは名言です。
上手く行かないことはありますが、何とかならないことはありません。
本屋大賞取って欲しいなぁ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kurotankurotan.blog97.fc2.com/tb.php/1644-e1e8173f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「誰かが足りない」宮下奈都

予約を取ることも難しい、評判のレストラン『ハライ』。10月31日午後6時に、たまたま一緒に店にいた客たちの、それぞれの物語。認知症の症状が出始めた老婦人、ビデオを撮って...

翼 (テーマ競作小説「死様」) «  | BLOG TOP |  » 花の鎖

プロフィール

くろたん

Author:くろたん
最近神奈川県に引っ越しました。
車検が来たら、湘南ナンバーにしよう(←ミーハーですいません)。

趣味は読書です。
文章フェチです。
内容が良くても文章が下手だと星一つにする傾向があります。
僕の採点は厳しいので、星一つでも気にしないで読んでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

星五つ (241)
星四つ (89)
星三つ (87)
星二つ (151)
星一つ (142)
節目 (8)
エッセイ (3)
未分類 (1)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。